変わるしかないんだ!

H氏から、知っておきたい健康や経済のこと

他人を変えることはできない、変えられるのは自分だけ。

最近、人間関係で凹む事がありました。

 

まあ、自分目線で言うと

 

「裏切られた」という言葉になってしまいますが、

 

先方から見たら「そんなつもりではない」

 

のかもしれませんね。

 

人が誰もが持っている概念に、

 

自分は正しい事をしている

 

というのは共通しているそうです。

 

確かにそういうものかもしれません。

 

 

北朝鮮と日本、アメリカの事でもそうですが、

 

どちらも自分が正しいと思っているわけです。

 

 

僕の今回の件での結論はこうです。

 

とっても今回の件は残念だけど、

 

 

今までのようにこれからも

 

相手の気持ち、立場を考えながら、

 

自分の考えうる出来る限りを尽くす!

 

 

とにかく人は他人の事を変えることなんて

 

できません。

 

今、この瞬間自分が出来うる限りを

 

尽くすのみです。

 

 

自分を変える必要があると思ったなら

 

これを機に変えるきっかけにする。

 

 

変えられるのは他人ではなく、

 

自分自身しかありません。

 

 

またこの件で自分や周りがどうなったのか?

 

乗り切って後日ご報告させて戴きます。

 

 

今日も読んでくださりありがとうございました。

 

 

 

多数と人たちとあえて違うことをしてみよう!

今日は御殿場でセミナーをして、

 

そのまま河口湖に来ました。

 

 

ここの会員制のコテージは

 

本当に気に入ってる場所です

 

富士山の中で懐かれて眠れるからです。

 

 

ここも仲間の方にお借りできています。

 

やはり、これからは

 

どんな仲間と繋がっていけるか?

 

これがキーワードだとあらためて思います。

 

 

そしてこうやって時間を

 

自分でコントロールできることの大切さ。

 

 

平日の朝の下りは空き空きです。

 

そして上りは通勤の車で混み混みです

 

人が歩いてない道を歩く

 

 

始めは勇気がいる事ですが

 

小さい事からで良いので意識してみるといいです。

 

 

例えばなんだろう?(笑)、、

 

人が遊んでいる時に勉強してみる

 

ワイドショーは見ない

 

朝活してみる

 

エレベーター使わず階段を歩く

 

洋服の流行りは追わない

 

 

僕はただ一点、

 

たいていの人は時間をコントロールされる

 

僕は時間をコントロールしたかった。

 

 

その実現にエネルギーを集中させた、

 

これだけで人生は全然変わったものになる。

 

 

 

 

 

 

 

 

自分を客観視し、相手を察する想像力って大事です!

僕がこの日本、大丈夫?って最近思う時、

 

それは、運転してる時です。

 

 

「こんなに自己中な人間が増えてたの?」

 

って思う機会が運転してると多いんです。

 

 

それが特に土日に感じる事が多く、

 

ドライバーも歩行者も

 

「変だなー」という人に出くわします。

 

 

追い越し車線を平気でゆっくり走ってる車

 

右折車線でスムーズに曲がらない車

 

車優先なのに平気で突っ込んでくる

 

自転車、歩行者。

 

 

なんか昔運転してた時には感じなかったこと

 

が増えてきています。

 

 

基本は栄養不足なんだと思います。

 

そういう結論に達しました(笑)。

 

 

栄養不足だと頭がボーッとしてます、

 

周りが見えません。

 

 

ですが、、それにしても、、

 

もう少し客観性をもてないものだろうか?

 

 

ここで出てったらあの車に

 

ブレーキ踏ましちゃうだろうなぁと。

 

 

想像力が欠如した人が増えてるんですね。

 

 

僕は生きてく上で大切なことに、

 

自分を客観視する能力と

 

相手の事を察する想像力があると思います。

 

 

それが仕事では出来ていても

 

私生活で出来ない人、

 

特に軽蔑しちゃいますね。

 

 

今日も読んで頂いてありがとうございます、

 

明日に続きます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もう人が人を縛る時代じゃない、時間がきたら「はい、おしまい!」

サラリーマンでいた時

 

素朴な疑問がありました。

 

それは

 

 

なぜそもそも残業をしなくては

 

いけないのか?

 

 

ということでした。

 

 

なんか定時に帰りづらい(笑)。

 

仕事が終わりの時間なのに、、。

 

もうあの雰囲気思い出すだけでイヤです。

 

 

それが学校だったら授業は

 

「はい!これでおしまい!」

 

って先生が言ってくれてたのに、

 

 

誰も「おしまい!」と言ってくれない(笑)。

 

言えよ部長!

 

 

これって今考えると

 

本当に脳みそが「スレイブ化」

 

されてたんだなぁと思います。

 

 

そもそも、残業やった方が偉くなれる

 

システムがおかしい。

 

 

残業する人って

 

仕事が終わらなかった人でしょ?

 

 

その人が残業代というプラスαを受け取り

 

出世して高収入を得るって

 

おかしいと思います。

 

 

人は奴隷じゃないんですから

 

気持ちよく働きましょうよ。

 

 

時間がきたらみんなで帰って、

 

その後の時間を

 

自分の投資に使いましょうよ!

 

もう人が人を縛る時代じゃないです。

 

 

 

 

 

 

自分の「時間」を取り戻そう!

時代は大きく変わってきています。

 

自分の頭の中にある知識だけでいる人

 

他の角度の知識を受け入れない人、

 

まずいです。

 

 

昨日はサラリーマン3年目

 

今年、彼女と結婚した

 

次男夫婦と僕のビジネスの

 

学びの機会に参加しました。

 

 

彼らも少しずつ

 

脳みそが変わってきているようです。

 

 

彼が話していたこと、

 

「それはいかに自分は時間に縛られているか」

 

免許の更新に行くのも一苦労だと。

 

 

そうですよね

 

本当に人に雇われるということは

 

何を失うかというと

 

真っ先に「時間の自由」を

 

失うことになります。

 

 

僕はそれが何十年も続くことが

 

耐えられなかった!

 

 

なぜかというと

 

お金を得るために

 

自分の時間を提供していると

 

気づいたから。

 

 

ということは、

 

 

お金のために

 

大切な自分の人生を切り売りしてるんだと!

 

 

それが分かった時に

 

本当に変えていかなければと

 

思った訳です。

 

 

あきらめるのは早い、

 

自分の貴重な時間を

 

取り戻そう!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自分の言葉を変えよう!

f:id:itarublog:20170915105548j:plain

これは僕の親しくしている方の娘さんが

 

夏休みの課題でやった実験なので、

 

かなり僕にとって信ぴょう性が

 

高い写真です。

 

 

本当にこういう事って起こるんですね!

 

言霊(ことだま)と言いますが

 

自分が何を口から発するか?

 

自分が何を文字にするか?

 

 

それが量子のような最小の物質として

 

存在し、影響する。

 

 

少しずつ科学的に解明されてきています。

 

今まで見えなかった事が見えてくる

 

時代に入ってきています。

 

 

まずは自分の言葉を変えていきましょう!

 

 

 

 

 

 

 

 

子どもを自分が変わっていかない言い訳にしないことです。

以前にも書きましたが

 

僕が思う最高の子育ては、

 

親が輝いて生きていること

 

だと思います。

 

 

僕がいろいろな親世代と会って

 

感じることは、

 

特にこれは母親に多いのですが、

 

 

「子どもの犠牲になる事が美しいこと」

 

としている方が多い。

 

 

子どものために自分のやりたい事は我慢する

 

 

ちょっと聞こえは良いかもしれないけど、

 

それって自分を変えたくないがための

 

言い訳になっていませんか?

 

 

子どものためだから仕方がない、

 

自分の夢はあきらめる、

 

それじゃあ、親として説得力がない。

 

 

子どもには夢に向かいなさいと言いながら、

 

私たちはトライしないけどねー、

 

と言ってるようなもんです。

 

 

私たちもどんどん良く変わっていくから、

 

一緒により良く変わっていこう!

 

こんな感じが良いと思うのです。