変わるしかないんだ!

H氏から、知っておきたい健康や経済のこと

これからは次の方々を表に出していく役目がある。

おはようございます、

今日は53歳になって

初めての朝です。

 

 

今までの1年の中で

一番イベントの多い、

思い出に残る1年になる

予感が満載です。

 

 

昨日はたくさんの方から

お祝いのメッセージを

いただいたのですが、

 

 

まあ、今までにないくらいの

有難い気持ちになりました。

 

 

そして僕の中では

いわゆる「承認欲求」みたいな

ものは殆どなくなったのだと

感じました。

 

 

昔はというと、、

それはそれは「認められたい!」

のカタマリでした(笑)。

 

 

仲間に認められたい、

ビジネスの努力を認められたい、

親に認められたい、

世間に認められたい、

 

 

だったのではないかと思います。

 

 

ところが昨日なんかも

「もう僕ではなくあなたが認められる番」

みたいな感情が出てきました。

 

 

表にでなくてもよくなった感と

いうんでしょうか、

人を表に出していきたいです。

 

 

うん、これからはそれが役目。

もちろん、その方が良い結果に

なる時は、

 

 

喜んで表に出ていきますが、

無理に目立たなくていい感じ。

 

 

子や孫が活躍して

仲間に豊かさが増していく。

 

そんな継承ができるように動く。

その始まりの歳が53歳なんだと

思いました。

 

 

自分にとってもまた

「今からここから!」です。

 

 

リーダー(Reader . Leader)の

皆さんもまた今日から

エネルギーが上がって

 

 

「なりたい、ありたい自分」に

近づいていく日になれば幸いです!

 

 

☆今からここから何を今日しますか?

 

 

 

 

 

 

 

 

毎日、奇跡は起こっている。

おはようございます、

今日は土日で書かないつもりの

日なんですが、

 

 

53歳の誕生日なので(笑)、

記念に(^^)。

 

 

53年、あんまり実感が湧きませんね、

特に40歳くらいからは

なんというか、

 

 

年が経っている気がしません、

もうオマケの時間のような。

 

 

ただ、矛盾した言い方になりますが

40歳以降の自分がなければ、

今の僕はありません。

 

 

そのくらい出逢いや出来事が

自分に良い意味の成長を

与えてくれました。

 

 

今から20代、30代に戻りたいか?

と聞かれたら、

 

 

間違いなく答えはNOです。

 

 

体力的には戻りたいのかも

しれませんが、

きっとまた無茶な事をして

しまうと思うんです。

 

 

ならば、体力も自制をしなくては、

と思える今くらいでよい。

 

 

20代、30代に起業して

いろんなことがあったから

 

 

40代から本当の意味で

学び始めたのだと思います。

 

 

人の一生というより僕の場合かも

しれませんが、

 

 

20代で調子こいて

30代で痛い目にあって

40代で学び始めて

50代からが舞台の本番

 

 

これから60代までの7年、

あるかないかもわかりませんが、

 

 

貴重な体験を増やしていきたいですね。

 

 

行った事のない場所に行ったり

食べたことないものを食べたり

 

 

人の変化にいっぱい感動して

先輩たちとの別れを心から惜しみ

 

 

次来る世代に経験を伝達し

次来る世代から新しい事を学び

 

 

60代に入っていけたらと思います。

 

 

限りある一生、

毎日に感謝せずにはいられません。

 

 

この言葉の世界においてだけでも、、

こうしてあなたと巡り会えたこと、

奇跡は起こっていっている証拠です。

 

 

今日は特に、読んでくださりありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

自分の収入源を持っている女性になる。

おはようございます、

 

 

まだ風邪の菌が頑張ろうとして

いるのがわかりますが、

Cとエキネシアと睡眠で

しのいでおります。

 

 

今は海老名に電車で向かっています。

お嫁さんと合流しお手伝いに行きます。

 

 

彼女にとっては子育てが

始まったばかりなわけですが、

 

 

これからますます

お金と時間の引っ張り合いに

翻弄されるはずです。

 

 

働いて収入を得れば時間はなくなり

時間をとれば経済が成り立たない。

 

 

 

 

 

なんのために働いてるのか?

そこが大事です。

 

 

いろんな家庭を見ているので

そうではないママさんもいますが、、

 

 

それはそれで、

「そんなに旦那に経済を頼って大丈夫?」

とも思います。

 

 

「私にはパパがいるから」みたいな事を

言う女性を見ると、

「いつまでもパパがあなたの思い通りににいくかな?」

と心の中で呟いています(笑)。

 

 

結構そんな方って子供が離れてから

悩んじゃってる人が多いです。

 

 

頼りきって何も収入源やスキルがない人。

 

旦那が他の事(女性や趣味)に興味がいってしまった人。

 

子供が思った通りに育たなくて嘆く人。

 

 

全部、自業自得です。

少なくとも自分のお嫁さんには

そうなって欲しくはないので、

 

 

出来る限り環境を見せます。

 

 

自立している先輩の女性。

自分のお財布を持っている女性。

 

 

そういう方たちは

自分の言葉を持っています。

 

 

その方たちの言葉を聞いて気づいて

もらうしかありません。

 

 

気づくか気づかないか?は

自分次第です。

 

 

さあ、今日も良い刺激を受けながら

かといって他の人の事は羨ましがらず、

 

 

自分の今を楽しんで、未来を作ろう!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

植物の力を取り入れる生活。

おはようございます、

昨日寝る前に喉が少し

痛かったのですが、

 

 

夜中に起きて熱が出てきた

のがわかったので

 

 

ビタミンCとエキネシアハーブの

天然サプリメント

 

 

2回摂って、お水を多めに

飲んで寝ていました。

 

 

おそらくそれをしなければ、

今頃、大熱を出して

寝込んでいたことでしょう。

 

 

この対処方法も長年の

薬を避けてきた生活の知恵です。

 

 

エキネシアという花は

アメリカのネイティブが

抗生物質の代わりに

使用していたと言われるハーブです。

 

 

抗生物質はお医者さんでも

よく出されますが、

 

 

悪い菌も殺しますが、

善玉菌にとってもやっかいな

存在なわけで、

 

 

仮に風邪が病気が治っても

胃腸にとってはマイナスな日々が

続くはずです。

 

 

ハーブを摂ることで

副作用を極力避けているわけです。

 

 

そんな知識を少しずつ実践して

生活の知恵にしていくことは

楽しいことですね!

 

 

もちろんお医者さんの領域は

あるわけで、

 

 

必要にさせてもらう時も

来ると思いますし、

 

 

日頃から薬の処方を理解して

それを安全に使おうとする人は

否定しません。

 

 

これはどこまでが

自然治癒力で活かせるか?

 

 

その境界線の位置の問題ですね。

 

 

僕はなるべくその境界線を

自然治癒力に任せたいと思っています。

 

 

ぜひ植物の力の学びも

してみることをお勧め致します。

 

 

☆植物の力は取り入れていますか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あなたには充実した人生を送る資格がある。

おはようございます、

昨日は睡眠について

書きましたが

 

良く眠れましたか?

 

 

人はまるで毎日生き死にを

繰り返すように

朝起きて、また夜寝ます。

 

 

本当に次の朝目覚める

保証などどこにもないのです。

 

 

自分の尊敬する成功者の方が

「目覚めて最初にすることは?」

と問いかけられて、

 

 

初めて聞くその質問に考えてみると、、

 

 

「ありがとう」と呟くことだと

気がついたそうです。

 

 

目覚めて、また1日を迎えられる

ことに感謝をするところから

始める、

 

 

そんな人生にしたいものですね。

 

 

「そんな風に生きられる人は

ほんの一握りの人間だ。」

 

 

自分の人生はそこまで

恵まれていない。

 

 

そう思う人は多いかもしれないし

実際に一握りかもしれない。

 

 

でも、その一握りの人間に

あなたがなれない理由もない。

 

 

実際にあなたはこのブログを

読んでいます。

 

 

スピリチャルな話を今日は

したいわけではなく、

 

 

実際には誰でも充実した

人生を送れる資格があります。

 

 

「カモメのジョナサン」という

小説がありますが、

 

 

まさにそういう話だったと思います。

 

 

ただ、餌を追い求めるだけの

多くのカモメの中に

 

 

ジョナサンだけは

いかに速く飛ぶことが出来るか?を

追い求めるカモメ。

 

 

そういう彼だけが不思議な

体験をしていきます。

 

 

この人生で何を見出すか?

 

 

それは全て自分にかかっています。

人生に意味があるのではなく、

 

 

起こしていくことに

どう感じ行動するか?

どんな気づきがあるか?

 

 

そこを大切にして

毎日過ごしていく。

 

 

睡眠の話からちょっと大げさな

話になりましたが、

 

 

今日がまた新しい自分との

出会いだと思える毎日を

送りたいものです。

 

 

今日も昨日と違うことを

1つでもよいからやりましょう!

 

 

☆あなたが求める今日はどんな1日ですか?

 

 

 

 

睡眠中は身体への大切な奉仕の時間です。

おはようございます。

今日も「今からここから!」です。

 

 

昨日はなんと8時に就眠して

しまいましたので(笑)、

ほぼ半日寝ていました。

 

 

こんなに寝る必要はもちろん

ないのですが、

 

 

それにしても睡眠は

大切な体への奉仕です。

 

 

よく「あまり寝なくても大丈夫」

という方がいますが、

 

 

本当に元気にアクティブにしてて

素晴らしいとは思いますが、

 

 

自分の出会った方を統計に

とったわけではありませんが、

 

 

寝てない方は、歳をとると

病気になりやすい気がします。

 

 

睡眠は「身体を休ませる」という

イメージがありますが、

 

 

僕は「身体を修復させる」

時間だと思っています。

 

 

人は起きている時間に

いろんな無理を身体にかけています。

 

 

特に現代社会は、、

 

暴飲暴食によるお酒や添加物、

ストレスによるダメージなど

活性酸素が発生しやすい。

 

 

活性酸素は細胞を傷つけ

ガン細胞は毎日生まれています。

 

 

それを修復する材料が

タンパク質を始めとする

栄養なわけです。

 

 

栄養が入ってこなければ

治すことができないわけです。

 

 

栄養が入っても治す時間が

なければ無理です。

 

 

その治す時間が睡眠中なのです。

 

 

なので、中途半端に修復して

それを何年も繰り返すと

 

 

身体はいつか決壊してしまいます。

 

 

なので睡眠を疎かにせず、

身体への奉仕だと思ってください。

 

 

僕は自分が勤め人を辞めれた

喜びは、夜寝る前にやってきます。

 

 

目覚ましを基本かけない生活を

求めていたからです。

 

 

遅刻をして、人に怒られるのは

学校だけで充分です(笑)。

 

 

自分が選んだスケジュールなら

目覚ましをかけなくても

遅刻などしないものです。

 

 

思った通りにグッスリ眠る毎日。

 

 

こんな事を夢にするのもいいんだと思います。

 

 

今日も読んでくださりありがとうございます。

 

 

☆毎日何時間寝たいですか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

思い通りにいかなくても、ペダルを漕ぎ続けよう!

おはようございます、

久しぶりに今年は春が待ち遠しいです。

 

 

なんか最近はいろんな事があって

少し頭が整理できていませんが、

 

 

昨日は仲間がサプライズで

誕生日を祝ってくれました。

 

 

この歳になってそんな事を

してもらえて本当に幸せです。

 

 

でも毎日思うようにいっている

わけではありませんし、

 

 

乗り越えなければならない事が

あります。

 

 

動けば動くほどいろんな事が

バタバタしてくるもんです。

 

 

止まってたらこないけど、

自転車で走ったら逆風が吹く。

 

 

何もしなければ

嫌な事も起こらないかも

しれませんが、

 

 

動いたら必ず良い事が

起こるわけではなく、

嫌な事も起こります。

 

 

人から見たら凄く順風満帆に

見えても、

 

 

そんな事ばかりではない。

 

 

思い通りにいかない事も

たくさんあるんです。

 

 

だけど、ある方が言ってくれた

言葉なんですが、

 

 

思い通りにいかなくても前には進む。

 

 

この言葉を信じてやって

きたような気がします。

 

 

とにかくペダルを漕ぐ事を

やめなければ前に進む。

 

 

上手く行かないと漕ぐのをやめる

人がたくさんいますが、

 

 

ぜひ漕ぎ続けてください。

 

 

必ず良い風が後ろから

吹いてくる時がきます。

 

 

今日も読んでくださりありがとうございました。