変わるしかないんだ!

H氏から、知っておきたい健康や経済のこと

「健康」と「経済」はアンテナの感度を特に上げておくべきもの。

日本人にとって今、一番大事な事は「食」です。

 

昨日書いたように、この国では

家族の健康は自分で守らなければなりません。

 

なぜなら、経済優先の国になってしまったから。

 

昨日も池上彰のテレビでやってましたが、

この国の報道自由度ランキングは

 

180カ国中72位です、

先進国7つの中に入っているはずなのに、、。

 

とにかく何も知らされないまま

 

危ない食物、食品を食べ、

栄養のないものを

好きなだけ食べている。

 

一番、被害に遭うのは子供たちです。

 

そういう僕も自分の子供に

知識がなく育てていました。

 

なので大人になってしまった今から

せめて諦めずに教えています。

 

特に孫には伝達していきたいと思っています。

 

他にも経済優先なものはたくさんあります。

 

例えば医療です。

 

日本人は知らない間に「先生」と呼ばれる

人たちの言いなりに「薬漬け」になってしまいました。

 

日本人は薬が大好きです。

 

身体に良いものだと思っています、

そんな事あるわけないのに。

 

ワクチンと呼ばれるものの必要性を

盛んに薬剤メーカーや国をあげてCMします。

 

ワクチンだけでなく、

この時期インフルエンザ対策に

タミフルとかが有名になりました。

 

今、世界のタミフル市場の80%が日本だとも言われています。

 

他の国が背を向けているものに

この国では後押ししてきます。

 

この経済優先社会の中でどうしたら良いか?

どうしたら、自分や家族を守る事が出来るか?

 

まずはアンテナを張ることです。

 

特に重要だと思う事に絞り込んで

 

僕はそこに絞り込んできて

知識のある人と出会い、行動してきたつもりです。

 

それは「健康」と「経済」です。

 

この2つはこの社会で生きていく上で、

かなり感度を上げなくては

なかなか掴めない領域になってきたからです。

 

今日も読んでいただきありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「食」について知ろうとするかしないかで家族の未来が決まる。

うちは最近、子供が遊びに来る率が高いです。

子育て中のママさんたちに

いろんな知識をお伝えする機会が多いから

 

昨日も1歳児ちょいの子供が2人。

お母さんたちには栄養を逃がさないお料理や

これからの家庭内経済について話しました。

 

今のママさんに限らず、

昔から「栄養」について詳しく知っているという

方はほとんどいません。

 

なぜ、知らないのかというと

今まで教えてくれる人がいなかったからです。

 

学校の保健とか家庭科で教えてくれることは

わずかですね、3大栄養素がどうのこうのくらい。

 

むしろ、それらの知識って逆に

「そんなに考えなくても大丈夫だよー」って

間違えた知識を与えてるかもしれないです。

 

現代社会において「食」は

 

めちゃくちゃ考えなくてはいけません!

 

ましてや子供に対しての「食育」は

時間に限りがあります。

 

ある考え方では、

 

5歳までに与えられた栄養で

その子の将来の心身の健康が大まかに決まる、

 

そんな報告も出ているくらいです。

 

もし、お母さんがなんの知識も持たずに

子供の望むものだけを与えていたらどうなるか?

 

というか、そんなママさんたちが殆どです。

 

たとえば、栄養を意識してバランス良く入れた

お母さんの母乳から育った赤ちゃんは

 

偶然ではなく、みな穏やかです。

 

そして1、2歳になり、よく見る光景の

泣きわめいたり、キーキー言ったりする

子供は皆無です。

 

身体に良くないものを入れない。

安全なバランスの良い栄養を入れる。

 

この2つで良いのですが、

これが今の社会では難しいのです。

 

なぜなら、この国は経済優先で

食物、食品が作られるからです。

 

なので、ママさんたちはよっぽど

積極的に知識をつけていかなければならない。

 

その為にはまず、

 

「自分は何も知らない」という事に

気付かなくてはなりません

 

明日に続きます。

 

 

自由に生きるために、自分がボスでいられる方向性を目指す!

昨日、撮り貯めたテレビ番組を

なんとなく見ていて、

 

ある農家の夫婦の話を見ていた。

その地域を追ったなんて事ない

番組、なんて事ない農家の夫婦。

 

でも、それを見ていて感じたこと。

 

「やっぱり農業で食べてる人は幸せだな」

 

通勤もなく朝は散歩から始まって

「毎朝、この景色が綺麗だなぁと思う」

と感じて、

 

朝早くから夜遅くまで働くけど

かく汗がキラッとしてる!

 

昼休みは田んぼ端に座って

奥さんが握った「ゴマにぎり飯」を食べ、

「帝国ホテルでは食べられないよー」

と笑う。

 

年に一度の村祭りを楽しみにしてる。

 

ルーティンが変わらない生き方だけど、

それでも毎日を新鮮に生きてる。

 

幸せだと感じて生きている。

 

それも、やはり農業が自分がボスで

いられるからだと思う。

 

僕らは雇われてる限り自分で決められない。

 

僕は虫が苦手だし(笑)、怠け者だから

農業を本職にしたいとは思わない。

 

だからといって都市部で人に雇われて

不自由には生きたくない。

 

だからオーナーを目指してきたんだ。

 

自分にとって一番自然な方向性だった。

 

きっと、心の深いところでそう思っている人は

たくさんいるんだろうなあ。

 

「自由に生きる」

 

あきらめてはいけないと思う。

 

時の流れは速い、

だからこそ方向性だけパチっと決めて

 

流れに乗っていくことだと思う。

 

考えすぎてたら、あっという間に

いつもの流れに乗ってしまうから、、。

 

本当に「自由」を目指しませんか?

 

たった1回の人生だから。

 

今日も読んでくださりありがとうございました。

 

 

 

 

健康の事を考えたら、手料理は家族を救うと思います。

昨日お手伝いに行った家では

クリスマス料理を作る会をしていました。

 

うちの仲間は手料理を作る方が多いです。

無水、無油の調理器具を扱っているからですが、

 

これは本当に素晴らしい調理器具です。

 

自分の家族の事を考えたら

やはり「健康のために」作れる料理を

作ることは必須だと思います。

 

なぜなら、自分で入れる食材、調味料などを

選択する事が出来るから。

 

手料理は極力、化学物質を排除する事が出来るからです。

 

もちろんサプリメントなどの方法で

栄養のバランスを取る事はありです。

 

でも今のスーパーやコンビニの

食べ物には「摂ってはいけないもの」が

いっぱい入っています。

 

一番の問題は食品添加物だと思います。

 

やはり防腐剤、乳化剤、着色料などは

見た目や美味しさ、経済性を優先させたものであって、

 

身体的には、「百害あって一利なし」です。

 

例えば防腐剤は食品を腐らせないため、

つまり、菌を殺すためのもの。

 

ということは防腐剤入りの食品を摂れば

確かに腐りづらいかもしれませんが、

 

悪い菌だけでなく、腸の中の善玉菌も

殺してしまうということです。

 

僕ら日本人はこんなことさえ教わらずにきちゃってまさ。

 

もちろん、調味料や元の食材などは

何が入ってるかわかりません。

 

本当はそういう食の知識を

学校で教えるべきだと思います。

 

でも残念ながら教えてもらえなかったので、

大人になってから知識を自分で

身につけなくてはなりません。

 

僕は幸いにしてビジネスを通じて

知ることが増えましたが、

 

普通にお勤めしてる方

テレビやネットの情報だけでは

なかなか入って来ないです。

 

まあ、それでブログで自分の記しも兼ねて

少しだけでも発信してみようと思ったわけです。

 

世の中の風潮はどちらかというと

「食べ物は買う」という方向に

向かっているようです。

 

というより、

この世界も二極化しているのでしょう。

 

うーん、根深いですね、

 

僕らは必ず誰かの情報操作を受けてると

気づかねばなりません。

 

今日も読んでくださりありがとうございました。

 

 

 

 

 

どんな組織体も「志」があることが重要です。

昨日は僕らが主体になって

運営している法人の

今後の話し合いに行きました。

 

僕もここと関わって20年になりますので

思い入れがあるわけです。

 

それだけでなく自分のビジネスにも影響します。

 

ただ、その法人も長くやってきたことで

だんだんと何が目的か?が見えなくなってきています。

 

そんな中で、その中心となる方が言ったのは、

 

「運動体でなくてはならない」

 

という言葉でした。

 

最初は何を言ってるか良く解らなかったのですが、

彼が言った「運動体」とは、

 

志(こころざし)を持って進んでいる繋がりである事。

 

やはり、ただただ仲良しクラブでいるだけでは

組織って衰退していくわけですよね。

 

繋がる限りは「どこに向かいたいのか?」

がはっきりと共有化されている事が大事。

 

もう最近はなんでも、ものごと全てが

 

WHY

 

なぜそれをするのか?

なぜそれをやらないのか?

なぜそれを買うのか?

 

なぜ、なぜ、なぜ、

 

人生ってそれをいつも自分に問いかける

作業なんだと思います。

 

なので昨日はまたより自分の

「志」がどこにあるのかが

整理されて良かったです。

 

その「志」については

もう少し整理しながら書き留めていきたいと思います。

 

今日も読んでくださりありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

お金の使い方ってトレーニングが必要だと思う。

PCを買う話の続きですが、MacBookって

AirとBookとProの3つがあって、

 

まあWindowsに比べたら選択する

数が圧倒的に少ない訳ですが、

 

それでもこれが迷ってるんですよね!(笑)

 

なぜ迷うか?というと、なんか違いが微妙、、。

 

要はスペック、サイズ、重さ、値段が

それぞれ少しずつ違ってて、

「微妙の森」に迷い込んでしまいました(笑)。

 

その上、良くご存知の方に聞くと、

「8ギガじゃなく、アップルストア

16ギガを買いなさい」

 

なんか言われるともう、根底から

「価格ドットコムで買おうと思ってた」

のが崩れちゃうじゃない!!

 

そんなこんなを楽しんでる自分もいて、、

 

お金が無い訳じゃないんですよー、

お金はあるんです(笑)。

 

要はコスパに合う買い物したいんです。

 

お金をかけた価値を感じたいんです。

 

お金って「敵とみなすか味方とみなすか?」

によって全然生き方が変わってくる

不思議な存在ですね。

 

僕の場合は

 

「良いお金の使い方したね」

 

って自分で思えるかどうか?

が基準になってます。

 

きっとお金の使い方って誰にとっても

トレーニングが必要なんですね。

 

お金の使い方って若い頃はいい加減でも

良いと思いますが、

 

50代からはスマートな使い方をしたいですね、

その為には「使い方に意識」を向かなくてはなりません。

 

収入が少しずつ増えてきているので

これからのお金の使い方が

楽しみなんです。

 

歳をとるにつれ「お金との付き合い方」が

楽しくなる人生にしたいです。

 

今日も読んでくださりありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あえて今までにない方を選択すると、新しい扉が開く。

MacBookを買おうかと思っています。

Windowsではなく初めてのMacです。

 

理由はカッコイイから

そして、iPhoneを使えたんだから

PCも使えるでしょう、という安易な理由(笑)。

 

最近、どうせ選択するのなら

 

今までと違う方を選ぶようにしてるんです。

 

その方が脳みその枠が広がるからです。

 

先日、ある女性と話していて

「うちの旦那は何年もこの町に暮らしてるのに、

未だにほとんど道を知らない。」

と言ってました。

 

旦那さんは結構ドライブが趣味なのに

なぜ道をあまり知らないか?

 

新しい道を開拓しないで

決まった道しか走らないから。

 

人生も同じことが言えると思いません?

 

人って「変えたくない生き物」の例を象徴してる話ですね。

 

そういう生き物なんです本来は。

 

それは歳をとればとるほど

「変えたくなくなって」くるはずです。

 

だから僕はあえて選択する時は

今までと違う方をあえて選ぶようにしています

 

そうすると面白い事に

新しい扉が開く。

 

主に人間関係が広がるんです。

 

僕もこの2.3年で劇的に変わりつつあります!

 

行った事がないところに行く。

食べた事がないものを食べる。

使った事がないものを使ってみる。

 

ちょっとした事で良いから選択を変えてみるといいです。

 

ただ、MacBook、実は何を買おうかで

迷いまくっています(笑)。

 

そこらへんの話は明日でも。

 

今日は読んでくださりありがとうございました。