変わるしかないんだ!

H氏から、知っておきたい健康や経済のこと

根拠のない自信は歳とともになんの意味のないものになる!

 

あんまりピンと未だにきてないんですげど、、

 

僕は来月おじいいちゃんになる予定なんです(笑)。

 

  

自分で書いてて笑っちゃいます、

 

僕が小さい頃に一緒に暮らしてた、

 

あの「じいちゃん」の立場に自分がなる。

 

  

さすがにそれは想像してなかったなぁ。

 

というか、まだ想像できない、

 

「生まれてきたら変わるわよ!」って先輩たちは笑います。

 

  

あの世間にいるジジバカ、バババカになりたくないのに、

 

なるのかも?、、怖い自分が。

 

 

それくらい人間は自分の人生を客観性を持って、

 

俯瞰(ふかん)して見つめる事が出来ない生き物なんですよ。

 

 

今は昔に比べて「1日24時間が短くなっている」というけど、

 

まんざらうそじゃないんじゃない?

 

そう思えるくらい1日が、1年が速く感じます。

 

 

必ず人は歳をとります、

 

いかに客観性を持って、俯瞰(ふかん)して、

 

自分の人生の流れを見つめる習慣を作れるか?

 

 

そうしないと、

 

「こんなはずじゃなかった、、。」

 

って人生になっちゃいます。

 

 

根拠のない自信って、

 

大抵時間とともに通用しなくなっていく。

 

 

根拠有る自信を一歩ずつ付けていきましょうよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

人は人でしか磨かれない、だから恐れず自分の枠の外にでよう!

 

経済セミナーをするようになって何が良かったかというと、

 

新しい出逢いが圧倒的に増えた事です。

 

 

 

本やインターネットでいろんな事は確かに学べるかもしれないけれど、

 

やっぱり自分が成長したり、

 

人生が動いたりするのは

 

「人との出逢い」によることが大きいです。

 

 

 

今の世の中、

 

人と出逢いたい人と、

 

極力人との関わりを避けたい人が、

 

極端に分かれてきている気がする。

 

 

それは若い人だけでなく、

 

僕ら4、50代の人たちにも言えること。

 

 

昔はけっこう人と関わっていた人が、

 

家族だけとか、数人の友達だけとか限定してる。

 

 

 

なんか勿体無いです、気持ちはわかるけど。

 

やっぱり、

 

「ダイヤはダイヤで磨かれるように」

 

 

 「 人は人で磨かれる。」

  

 

僕らの生きてる中での目標は、

 

昨日より今日、自己成長させる!

 

と、僕は思っています。

 

 

 

最期、死ぬ時に一番精神的に成長した姿でいたい。

 

職場の人間関係やママ友とだけ、

 

同じ環境、同じ人に会ってるだけでは、

 

気づきや学びが少ないのは当たり前です。

 

 

 

ましてや家にこもっているだけでどうやって自己成長できるの?

 

そういう僕も、1人が好きだし、人と関わるの苦手だった。

 

 

 

人と関わると傷つくこともいっぱいあるし、

 

考えの違う人を受け入れるのは簡単ではないし、、

 

 

でも「自分が一番大切」

 

だから少しずつ変えてきたつもりです。

 

 

そしたらたくさんの素敵な人との出会いがありました。

 

すると「枠の外」の喜びに出逢えます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ライフスタイルを意識する学びを大人になる前にさせてあげればいいのに、、。

 

「将来何になりたいですか?」

 

これって大人が子供にするよく聞く質問。

 

きっとこの言葉の裏には、

 

「なんのお仕事に就きたいですか?」

 

って聞いてるんだと思う。

 

 

 

……………。

 

停止中。

 

これで終わり。

 

 

 

特に日本の教育は、

 

なりたい職業を考えてそれで終わり。

 

 

 

 

例えば、

 

野球の選手になりたい!

 

美容師さんになりたい!

 

皆さん、夢を持ってて素晴らしいですね!

 

ってなる。

 

 

 

 

これ小学生ならいいよ、

 

日本は高校生でも基本この路線で終わり。

 

 

 

じゃあ美容師さんになったらどうしたい?

 

夢を叶えてなった人に聞くと、たいてい、

 

「自分のお店を持ちたい!」って言う。

 

 

 

じゃあ、お店をもったらどうしたい?

 

……………。

 

停止中(笑)。

 

 

 

職業に夢を持つのは悪いことじゃないけど、

 

子どもの頃に解る職業なんてたかがしれてるでしょ?

 

 

 

そんな狭い選択肢で、実現性がだんだん遠のいていくと、

 

将来に希望の無い若者が増えてく。

 

だって夢が叶わなかったと勘違いしちゃうから、、。

 

 

 

そんな事よりある程度の年齢がきたら、

 

どういう生き方、ライフスタイルを送りたいか?

 

を考えさせてあげて欲しい。

 

 

 

まぁ、それは本当は親の役目かもしれないけど、

 

たいていの親は自分も夢が叶ってないと思ってるから、

 

 

 

「あんた、なんの職業に就きたいの?

 

そのために勉強しなさい!

 

理想の生き方なんて考えないで、

 

雇われて、働いて、お金貯めなさい!」

 

ってなっちゃう(笑)。

 

 

 

だから学校でシステムとして、

 

生き方、ライフスタイルを考える機会持たせたら、

 

この国の国民ももう少しハッピーになると思っちゃう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お金より価値があるのは時間をコントロール出来ること。

 

僕はあまり本を読まない、面白みのない人間なんですが、

 

高校生くらいの時から兄貴の影響で、

 

片岡義男(古いよなー)っていう小説家の本を読みました、

 

 

 

片岡義男の小説の特徴はずばり、

 

オートバイ、コーヒー、波乗り、海って感じなんです。

 

とにかく主人公が「いつも自由」で、

 

なんか「お金持ってて」

 

そして「求めてないのにモテる」(笑)

 

 

僕はその影響がたぶんにあるんだと思います、

 

兄貴も影響受けてるなぁ〜、今や葉山の海のそばに住んでる。

 

 

 

それで何が書きたいか?と言うと、

 

僕は20代に入って分かってきたのです、

 

それは、、

 

お金より時間を持っている人の方が幸せ感が大きい!

 

 

 ってことを。

 

だからね、目指したんです、

 

 

時間をコントロール出来る人生を。

 

 

人生は、ただ闇雲に走るんじゃなくて、

 

どこに向かって走るか?

 

とっても大事なことだと思います。

 

 

どういうライフスタイルを得たいと思っているのか?

 

 

それがとっても大事なのに、

 

みんな「なんの仕事に就くか?」

 

そこで停止させちゃってるから、

 

わけがわからなくなっちゃうんですよ。

 

 

 

僕は20代で「いつでもハワイに行ける生活」を、

 

「出来れば住んじゃう」ことが出来るライフスタイルを考えました。

 

 

 

今はハワイに住みたいとは思ってませんが、

 

時間が年々手に入ってきてますね、

 

 

 

そこを目指してきて間違えなかったと今はっきり言えますね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

意思の弱い人は環境を買うしかない!

 

フィットネスクラブを変えてから、朝に行くことが増えました。

 

とっても気持ちがいいです、

 

終わって下のスーパーで豆腐と野菜買って、

 

帰ってからサラダ作って食べました。

 

身体も変わりつつありますが、何よりも気持ちが変わりました。

 

 

 

健康でいるための要素は、

 

① バランスの良い栄養、水、空気

 

② 適度な運動による体力作り

 

③ 睡眠を含めた精神的安定

 

この3つが僕が学んだことです。

 

 

 

そこで「適度な運動による体力作り」をしているわけですが、

 

なぜフィットネスクラブに行くか?

 

その答えは簡単で、家でやれる意思がないから^^;

 

 

 

家や外でやれたら、お金はかからずそれに越したことはない。

 

それが出来ない人は「環境を買う」しかないんですよ。

 

これは何事も通じることです。

 

 

 

話は戻りますが、健康でいるための要素の中で、

 

特に①の「バランスの良い栄養、水、空気」が一番大切です。

 

フィットネスは①と②、両方に関係してくるんですが、

 

 

 

僕は主に「筋肉作り」「バランスの良い体型」「心肺機能の維持」

 

こんな事を目標にしています。

 

 

 

なので筋トレとそこそこの有酸素運動をしています。

 

特に筋トレは「細マッチョ」で良いと思ってます、

 

「マッチョ」を目指すほど、

 

辛さに耐えられる精神力はないです、今のところですが。

 

 

 

それよりも継続出来ることを優先させています。

 

「筋肉作りがなぜ必要か?」は今度書きます。

 

 

 

とにかく意思の弱い人は「環境を買う」しかないです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自分の畑ではないことに気づかないことが大問題だ!

 

日本の農家の方たちは、

 

朝早くから夜まで本当に一生懸命働きますよねー。

 

汗がキラッと光って、

 

身体は大変そうだけど、満足感を持って働いてるように見えます。

 

 

なんでだろう?って思いません?

 

 

自分の田畑だからだと思うんですよ。

 

 

土作りから種まいて、除草して害虫から守って、

 

そしてやっと収穫する。

 

大事な事は、

 

収穫した物が自分たちのものである

 

 

 

これってとっても当たり前のようだけど、

 

とっても大事なこと。

 

 

じゃあ、都市部で働く人たちは?というと、、

 

自分の畑(会社)ではなく、

 

 

他人の畑(会社)を耕してるのよね。

 

 

 

それがダメなんじゃなくて、問題は

 

そのことに気がついてなくて働いてること。

 

 

収穫が多くて本当に喜べるのは、

 

その会社のオーナー(株主)なんだよね。

 

 

 

そういう事に気づかず、

 

「うちの会社はさー、、、」

 

とか、言ってる人とか見てると、

 

勘違いなさってるなー、と。

 

 

愛社精神っていうのは大事な事だと思うけど、

 

所有してると勘違いしてはいけない。

 

 

それよりも、

 

働かせて戴いてありがとう

 

おかげで家族が食べられてます

 

 

感謝の気持ちで時間を提供し、収入を戴く。 

 

文句を言わず「ありがたい」と思えた方が幸せだと思うんです。

 

だけど、これからの日本を考えたら「他人の畑」を

 

耕すだけしか考えてないと大変な人生になっちゃう。

 

 

 

だからね、、

 

自分の畑(収入源)を持つ事も考えて少しずつみよう!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

健康なんてどうでもいいと言う人はお子ちゃまなんだす!

 

なぜ僕がフィットネスクラブに通うか?

 

僕の場合の優先順位は「健康維持」、

 

もっと望むならば「健康増進」、

 

出来たらいいなぁと思ってます。

 

 

 

特に物凄いマッチョになりたい訳でも、

 

エアロビやダンスが上手になりたい訳でもないんです。

 

 

 

では何故「健康」でいたいか?

 

それは僕の目標としている、

 

 

豊かさや幸せを日常に感じる生き方

 

 

を年齢とともに増やしていくために大切な要素だから。

 

僕の中では細かくは今後追い追い書いていきますが、

 

 

幸せを感じるための要素というものがある

 

 

と思っています。

 

それは何か?というと、

 

収入、時間、人間関係、健康、メンタル

 

なんですね。

 

 

 

その中でも「心身ともに健康でいること」は、

 

第2位に入ってるんです。

 

よく

 

「俺なんか長生きしなくていい!」

 

とか

 

「私はポックリ死ぬから」

 

みたいな事言う人いますが、

 

そう言う人に限って、

 

寝たきりで長生きしてしまう(笑)

 

そして、こう言う、

 

「なんで俺だけこんなに不幸なんだ!」(笑)

 

 

 

今まで健康の知識も

 

そのための努力もしてなかったクセに。

 

 

 

要は健康である事にきちんと向き合わない人は、

 

子供なんです。

 

だだこねてるだけ、なんの根拠も無い。

 

 

自分を大切にしている人は、そんな事はしない。

 

健康でいる事の1つとしてフィットネスは欠かせない。

 

僕が考えるフィットネスはざっくり書くと、

 

「筋肉維持」です、

 

その辺はまた書きます。